2002年9月22日(土   TOP BACK NEXT
まず蒸し焼きトウモロコシに再チャレンジすることに。今回はトウモロコシの皮もヒゲもつけたまま、要するに買ってきたままをダッチオーブンに入れ、30分程蒸し焼きにする。それにしても、蒸し焼き中に鍋から実に甘いこうばしいいい香りがする・・結果は言うに及ばず100点満点で皆大満足!
次にチャレンジしたのが、キャンベルクラム・チャウダー。まず玉ネギを粗みじん切りにしようとしたその時ママさんが、「まな板は水で濡らしてから使わないと臭いがつくからそのまま使っては駄目!」、「今すぐに使わないなら、玉ネギを水で濡らしては駄目!とっておいた半分の玉ネギがくさる。」と、料理歴1週間もない初心者楽天パパには、非常に勉強になる。フムフム・・なるほど・・
詳しい調理のレシピは、「40人の旨い!ダッチ・オーヴン...」を参考にして欲しいののですが、何とか完成!これまた全員大満足!ただ、次回はキャンベルスープを使わずに、生クリーム、 チキンブイヨンを使って料理してみようかな・・
本日、最後にトライしたのがフライドチキン。ケンタッキーフライドチキンが自慢している圧力釜に、ダッチオーブンなら負けず劣らず。出来上がりも当然うまかった。ただ、もう少し小麦粉を丁寧につけて揚げればもっと上手にできたと思う。今後の課題。
それにしても、子供はどうしてこんなにフライドチキンが好きなのかね・・人間とは思えないような食べ方をして、本当にうまそうに食っている。
2002年9月23日(日)
昨日インターネットで偶然見つけたワイルドサンドの調理に、8時起床と同時にとりかかる。まず、食パン1枚に薄くスライスしたトマト、チーズをのせ、マヨネーズ、塩胡椒で味を調え、それをもう1枚の食パンではさむ。パンから中身がでてこないように糸でギフト?まきする。そしてといた卵の中にこれをまんべんなく、まるでフレンチトーストみたいにひたす。最後にパンの表と裏をダッチオーブンの蓋の裏で焦げない程度にこんがりじっくり焼く。子供達の評判は結構よかった。しかし、ママさんは、「卵は卵焼きにしてパンにはさんだ方がいい」とか、「もっとチーズをはさんだ方が美味しい・・」とか。貴重なご意見ありがとうございます。
お昼にシュリンピラフを料理してみた。子供達も、米を洗ったり、玉ネギをみじん切りにしたり、お手伝い。ただ、下の子の包丁を扱う手つきがあまりにも危ないので、「もう、いいよ。他のことを手伝って」と言った瞬間、包丁が床に落ちた。皆「あー!危ない。」、危うくママさんの足につきささるとこであった。楽天パパの知り合いに、同じように包丁を床に落とし、足の腱を切断してしまい、何ヶ月も入院していた人がいたが・・危なかった。
そうこうしている内にピラフはできたが、何か味がうすいような気がしたので、塩、胡椒を加えてみた。8人分を家族4人で、あっという間に全てたいらげた。
今後の課題としては、もう少し水気を飛ばし、さらには少し焦げをいれること・・。
ところで、これまで台所で手伝うことも、そもそも料理に全く関心がなかった子供達が、自分から積極的に、「何か手伝いたい・・」、雑誌を持ち出してきて、「これ作るから、いい?」、勝手にレシピ(滅茶苦茶だけど)を書いてきて、「この通りサラダとフルーツポンチを作るからね・・」本当に楽しそうに台所で料理を、いや遊んでいる。
ダッチオーブン料理が我家のレクリエーションの一つになったような気がする。家族全員が台所で料理を楽しんでいる。いつも一人黙々と料理しているママさんも楽しそう。
一つの目的に向かって、家族全員が作業を分担して協力してやり遂げることって、そうそうないと思うが・・それにしても、ダッチオーブン様様。
Click Here!