■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□

タカラヤのオレンジチョコレート

■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□


BACK






12月初めに、ご紹介したカーベーケージのヘキセンハウスですが、年末遂に遂に、
食べることに・・・写真のように、見るも無残な姿に。
ヘンデルとグレーテルの物語のお菓子でできた、魔法使いのおばあさんの家のケーキで
食べてしまうのが本当に惜しい感じなのですが・・
どうしても食べたいとの子供達の強い、要望により。

ホーニッヒレープクーフェン(蜂みつケーキ)とあって、甘いかおりがプーンと漂い、味も結構甘く、
さらには、大きさも結構あるので、甘いもの好きの我が家でも一度ではとてもとても食べきれません。
これから何度かわけて楽しみながら食べて行こうかと思います。

それにしても、模型を、ブチブチ壊しながら食べるのって、気持ちいいですよ。





オレンジチョコレート




今年、最初に、ご紹介するのは、これまた超有名なケーキハウス「タカラヤ」の
オレンジチョコレートで〜す。

タカラヤの先代のご主人のオレンジ好きが高じて、今のオレンジチョコレートが
できたとのこと。よほど、オレンジが好きだったでしょうね。

さっそく、一口食べてみると・・

チョコレートは、結構固めで、かじると、カリッ!といい音が。
これ、食べてみるとわかると思いますが・・なかなか気持ちいいですよ。
中のオレンジは、それほど固くはないのですが、太くたっぷりはいっており、大満足。

バレンシアオレンジのピールを数種類ものチョコレートをブレンドしたオリジナルのチョコで
コーティングされており、表面は香りのきているココアパウダーがたっぷりとまぶしてあり、
他にはない、味わい深い大人向けのチョコレート。

甘さはかなり控えめなので、何本も食べることができます。
オレンジピールのほろ苦い甘さと、コーティングのチョコ、そしてココアパウダー
が実によくマッチしており、なぜこれほどまでに人気なのか、その理由がよくわかります。
なんでも、バレンタインデーの時は、1ヶ月先まで予約が入るとか・・

悠遊と香遊は、いつも、ついつい食べ過ぎてしまいます。
みなさんも、くれぐれも、食べすぎにはご注意くださいね。



Cake House タカラヤ
東京都台東区浅草4-33-2
03(3875)0631
http://www.cakehouse-takaraya.com/





食べたことがある方、グルメ情報をお持ちの方はこちらから