2002年7月29日(月)
TOP BACK NEXT
とうまスポーツランドキャンプ場のコテージに1泊する(12,000円)が、はっきり言ってあまりよくなかった。部屋の一室の壁がなんと犬or猫のおしっこで臭う・・冗談じゃありませんよね。写真をみた感じは、別荘のようなコテージなんだけどね。
早朝、キャンプ場を散策する。場内にはアスレチック(古ーい施設なのに有料とはビックリ!)、昆虫館(行っていないのでわからない)、入浴施設(これはグッド)もあり、ファミリーで快適に過ごせる?キャンプ場。ただ人工的過ぎて、自然派の楽天パパとしては、少々ものたりなかった。
ところで、写真の木にかわいいリスが木登りをしていた・・・・・さすが北海道

とうまスポーツランドキャンプ場
上川郡当麻町市街6区
0166(84)3163
数家族が楽しそうにキャンプをしていた。
昨日風呂で、下の子が友達になった小学校4年の男の子は、東京の大森から家族で来ていて、このキャンプ場のログハウス(バンガロー、1日3,500円)に数日泊まる予定とのこと。
本日は、昆虫感でイベントがあると、とても楽しみにしている。

ご注意! マシュルームキャビン(1日2,500円)はあまりにも古すぎる。泊まるのはやめたほうが無難。
なな花窓館で、旭川名物の「き花」を購入。この御菓子は 旭川を代表する銘菓で12年連続金賞受賞。
アーモンドがまぶしてあるクッキーは食感がなんともよく、サンドしてあるホワイトチョコがこれまた濃厚で最高にうまい。ぜひ、おためしを。(ごめんなさい。写真はありません。) ⇒ お取り寄せのコーナーのフジネット100選をごらんください。

途中、ゆったりかん内の「レストラン黄陽」で昼食。地元でとれた農海産物は鮮度抜群、ボリューム満点、味もいい。地元の人々もリピータになるほどの人気店。それにしても日本海を眺めながらの昼食は気分最高!
ちなみに、ママさんの注文した タコバター焼き定食 (700円)は、生まれて初めて食べたが、うまい!ママさんのものを、皆でつまみ食い。
楽天パパの注文したゆったり館定食(1,300円)も美味しかった。
「レストラン黄陽」
北海道留萌郡小平町字小平町
0164(56)9111
昼食後、日本海オロロンラインを北上する。
留萌〜小平〜苫前〜初山別〜遠別〜天塩〜稚内までの日本海沿岸のル-トが日本海オロロンライン。

途中、苫前町のあたりで、風力発電をバックにパチリ!
楽天パパ一家は風力発電を初めて見た。それにしても、この迫力はすごい。グルグルまわる様子は、いつまで見てても飽きない。この後、すぐそばで見ることができるとは、まだ誰もしりません・・・・・・・(続く)


旭川名物「き花」がこのサイトで購入できます!