2002年7月29日(月)
TOP BACK NEXT
国内最大の風車牧場と言われるだけあって、どこを見ても風車だらけ、とにかくその数が半端でない。
その中でも、グリーンヒルキャンプ場は、風車のすぐ下に行ける風車観察には絶好の場所。遠くからみる風車もいいが、すぐ近くでみる風車も迫力倍増で、感激。ゴーゴーゴーゴー凄い音をたてながら、グルグルまわっていて、恐いくらいの迫力。13時40分頃行ったのだが、管理人さん以外には誰もおらず、ただ風車だけが、強い風に勢いよくまわっていた。近くに牧場もあり、その中にも風車が・・・・・・・

グリーンヒルキャンプ場
苫前群苫前町上平 01646(4)2211 予約は不要。 入場料(小学生以上)100円、サイト使用料オートフリーテント1張り420円。料金は非常にリーズナブル。場所はご自分で確認してください。
サイトは日本海を望む高台にあり、ここから見る夕陽は絶景とのこと。サイトには車の乗り入れも可能で便利、ただ設備はあくまでも最小限度。風車の迫力、日本海、夕陽・・・1日のんびり過ごすにはいいかも。
それこそ、楽天パパの大好きなB.CVernonn や エアストリームで過ごせたら最高なのでは・・・・・
サロベツ原野の中のオロロンライン。どこまでもまっすぐに伸びている。人もいないし車もほとんど通らない。天気が悪く、風が強いので、ますます寂しい感じが想像していた通り。今日午前中に通過した留萌まで134キロの標識。

この写真をとった後、砂浜に行ってみたが、とにかく風が強く、波も荒く、非常に寒い。早々に退散し、本日の宿泊場所、兜沼オートキャンプ場を目指す。
なお、天候が悪化したことと時間が遅いこともあって、残念ながらサロベツ原生花園はカットした。たぶん雨と霧と寒さで、散策するどこではないはず。
兜沼オートキャンプ場のコテージ(12,000円)にチェックインした後、天気が少しよくなったので、オートキャンプ場とそれに隣接する兜沼公園キャンプ場をサイクリングで散策。キャンプに自転車は必需品だね。
晴れていれば、利尻富士が兜沼越しに見えるはずだが、残念。

兜沼オートキャンプ場
天塩郡豊富町兜沼 0162(84)2600 入場料大人500円、子供300円。サイト使用料2,000円〜4,000円。
利尻富士を望む湖畔の開放的なサイトで、センターハウスを中心に広がる芝生のテントサイト。シャワーやランドリーもあり快適に過ごせる。こちらと対称的なのが、兜沼公園キャンプ場。テント泊なら、こちらの方がおすすめ。自然いっぱい木立の中でキャンプできるので。
ここのコテージは最高!非常に清潔だし、2階に2段ベッドが置いてあり、楽しい雰囲気。楽天パパもママさんも子供達と一緒にはしゃいでいる。
昨日のコテージと違って、ここであれば2、3日のんびり滞在したくなるような、快適なコテージ。コテージからの眺めもグッド。上の右写真は隣のコテージをみたもので、下の写真は兜沼をみたもの。天気が良ければ利尻富士も見えるのでは・・

サイクリングを楽しんだ後、買出しと風呂に入りに出かける。まずサロベツファームで自家製ソーセージを、工房レティエでチーズを夕食用に購入する。レティエではアイスクリームも食べた。どれもみなうまかった!
立ち寄り湯は、豊富温泉ふれあいセンター。湯船には油分が浮いており、石油の臭いが少しする。下の子は最後までお湯に入らなかったので、早々に退散。地元のおじさんもせっかく来たのだから入るように説得するのだが結局駄目。頑固な息子だ。もっとゆっくり入っていたかったのに・・・・温泉の詳細はHPをご覧ください。

今晩は、コテージでパーティーだ。